50過ぎたら自力で若返るのは無理?なるべく若返る為に取り組むべき習慣や対処法を解説

美容や健康が大きく注目されている昨今、現代に大きく求められているのは「アンチエイジング」ではないでしょうか。中高年になっても若々しさを保つ女性が「美魔女」と持てはやされるなど、いかに若々しさを保つかは、現代の美容の中核に位置する重要な目標となっています。 中でも50歳を超えてくると、もう自力で若返るのは無理だと考えられがちですが、何かできることはないのでしょうか。今回は、50を超えてもなるべく若返るために取り組むべき習慣や、対処法などを紹介します。

美容や健康が大きく注目されている昨今、現代に大きく求められているのは「アンチエイジング」ではないでしょうか。中高年になっても若々しさを保つ女性が「美魔女」と持てはやされるなど、いかに若々しさを保つかは、現代の美容の中核に位置する重要な目標となっています。

中でも50歳を超えてくると、もう自力で若返るのは無理だと考えられがちですが、何かできることはないのでしょうか。今回は、50を超えてもなるべく若返るために取り組むべき習慣や、対処法などを紹介します。

50歳になると大きく体質が変わる?

一般的に美容意識が高まりだすのは、30歳を超えたあたりではないでしょうか。しかし同時に、「まだまだ大丈夫」と思って放置する人が多いのもその辺りの年代です。そして40歳になり、45歳になり、徐々に加齢とともに気になる箇所は出てくるものの、何も取り組まずにいる人も少なくありません。

そして50歳を超えてもそのまま、という風に何もしないでいると、一気にしっぺ返しを食らう可能性があるのだそうです。一般的に「50を過ぎると自力で若返るのはもう無理」といわれがちです。「50歳以降は大きく体質が変わってしまう」と考えられているのが、その根幹を成しています。

女性は「体の役割」が大きく変わる

特に女性は、50歳というと更年期を過ぎたあたりとなります。更年期をすぎると、体の役割は大きく変化するといわれています。生理もなくなり、子孫を産むという女性特有の大きな役割から解放され、それ以降の役割はいかに長く健康に生きるかという軸にシフトします。

筋肉と脂肪は、実はその製造過程の中で性ホルモンの影響を受けていて、引き締まった身体作りのためには男性ホルモンが働きかけます。これは、男性だけでなく女性の場合でも、男性ホルモンが働きかけることで筋肉が増大します。

特に女性の場合、こうした性ホルモンの分泌が減ることによって、男性ホルモンから受ける影響が軽減されてしまうことにより、締りのない体型へと一気にシフトしてしまう可能性があるのです。

「老い」とは性ホルモンの枯渇を表す

実は、「老い」というのは「性ホルモンの枯渇」がもたらす、といっても過言ではありません。なぜならば、性ホルモンは40代までは生殖という重要な役割のために、性的魅力の源泉となる一方で、生殖の役割を終えた50代からも、若々しさをもたらしてくれる存在として働き続けるからです。

しかし、性ホルモンの分泌量は50代以降一気に減ります。これが先ほど取り上げた「50過ぎたら自力で若返るのは無理」という言説に繋がってくるというわけです。ただ、これはあくまでも「何もしなければ減っていく」ということであって、実は50代になっても性ホルモン分泌量を増やすことはできるともいえます。

3.性ホルモン分泌量を増やす方法は2つ

性ホルモン分泌量を増やす方法は、以下の2つがあります。

  • コレステロール(性ホルモンの原料)を摂取する
  • 肝臓がコレステロールを作るので、肝機能を高める

まずは、コレステロールは性ホルモンの原料となりますので、体内のコレステロール(善玉)を増やすのが第一ということになります。

とはいっても、コレステロールは体外から食事で取り入れるものは全体の2割と言われています。実は残りの8割は肝臓が独自に合成して作り上げているのです。要するに、50代以降のアンチエイジングには「肝機能を高めること」が何よりも重要になります。

肝機能を高める方法とは?

それでは、50代以降で肝機能を高める最適な方法を以下に見ていきましょう。

ビタミンB群を積極的に取り入れよう

肝機能を高めてくれる働きのある栄養素は、鉄分・ビタミンB群といわれています。ビタミンB群を含む食べ物を積極的に摂取することで、肝臓の働きが活発化されるということです。

ビタミンB群を含有する食べ物として代表的なものは、うなぎ、レバー、青魚、豚肉、卵など動物性タンパク質や、納豆、大豆、ごま、玄米、蕎麦、海苔、緑黄色野菜など植物、バナナなどがあります。

これらすべてを一度に取る必要はないので、こうした豊富なラインナップから1週間の献立を、野菜・たんぱく質・炭水化物バランスよく摂取するとよいでしょう。

意外にもビタミンB群を含むもやし、発酵食品の味噌、脂肪を減らすしじみで補強

あまり栄養価がないように思われているもやしは、実はビタミンB群を含む食品です。また良質な植物性のたんぱく質も取れるので、もやしは案外、侮れません。

また発酵食品は、アンチエイジングの代表的な食べ物として知られています。そんな発酵食品のひとつである味噌は、ビタミン、ミネラル、植物性タンパク質が豊富です。また、味噌には肝臓の解毒作用を高める効果があるといわれていますので、味噌汁は欠かさずに飲むようにしましょう。

また、二日酔いの強い味方として知られるしじみも肝臓には有効です。タウリンを含むしじみは、肝細胞を丈夫にし、脂肪を減らす効果もあります。

まとめ

以上、50を過ぎてからの体質の変化や、その中でも有用に働く若返りのための対処法を一通り説明しました。50を過ぎても諦める必要はなく、なるべく肝機能を高め、性ホルモンの分泌量を減らさないようにすることで若返えらせられる可能性があります。健康に長く生きるためには、どのみち食生活は見直す必要がありますので、本記事をぜひ参考にしてみてください。

東京の自由が丘・尾山台にあるエイジングケアサロン「エレール」では、主にたるみやほうれい線に対するケアを中心に、豊富なメニューから一人一人に合ったエイジングケアを選べます。最先端の幹細胞ケアから代謝を促進するセオリーに沿ったケアまで、多種多様なメニューがありますので、老化にお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

予約手続きはこちら
ページ上部へ