幹細胞コスメには結果の出るモノ出ないモノがはっきり分かれる事実

一口に幹細胞化粧品って言っても色々ある

たくさんある幹細胞化粧品の中から何を選べばよいかの

ポイントについてを書いていきます

 

昨今のデパートコスメや
いわゆるドクターズコスメと言われる
ややお高めの基礎化粧品には

“幹細胞”というキーワードが必ず出てきます

お化粧品のテレビCMでも”幹細胞”という

キーワードが多くなってきたように感じます

フェイシャルエステサロンに通ったことのある方でしたら

1回は必ず耳にしたことがあるのではないでしょうか

例えば…”ヒト幹細胞”や植物幹細胞”
なんて名前で呼ばれていますね

ヒト幹細胞の中でも脂肪や表皮
骨髄や胎盤(プラセンタ)など数種類存在します

 

では…そもそも幹細胞とは一体なんでしょうか?

幹細胞とは、簡単に言うと私たち人間や動植物が

生きていく上で必要なひとつひとつの細胞の

源であり大元となる細胞のことをいいます

幹細胞には私たちのお肌や骨や血管など全てを

“再生”し”成長”させるためのプロセスが
詰め込まれているわけです

幹細胞がなければ、私たちはそもそも生きていけませんし

若々しいお肌を保つことすら無理でしょう

 

幹細胞コスメとは
その幹細胞を抽出して培養をしその培養液を
美容成分と一緒に混ぜて作られた基礎化粧品のことを言います 

つまり、幹細胞コスメと謳っているわけですから
お肌を細胞レベルからしっかりと”再生”し”
成長”をさせてくれる
化粧品でなければ意味がありませんよね?

そしてなにより
配合したその幹細胞培養液が
美容成分と共にお肌の奥の細胞にまで浸透し定着して

そのお仕事をまっとうできるような処方組みをする必要があります

 

結果の出ない幹細胞化粧品

ここでひとつ
化粧品の作り方に関してちょっとした小話をしますね

例えばの話ですが…幹細胞の化粧水を作るとしましょう♪

まずひとつの大きな瓶に、お水をたっぷりと注ぎます
それから美容成分…そうですね、ビタミンCとか
コラーゲン、それからプラセンタも入れておきましょうか

ついでに、しっとり感が出るグリセリンも入れましょう

そこに、最後の仕上げで幹細胞培養液を1滴垂らします

さぁ!幹細胞化粧水の完成でーす♪

これで幹細胞化粧水として販売できるぞー!

パチパチパチ~☆

…これで、なにが言いたいかお分かりいただけましたか?

そう、これはただ幹細胞培養液を1滴入れただけでも
幹細胞化粧水ですよ~と言って販売できるという
カラクリだったんです!

けっこう驚きですよね…?

今回の例えはちょっと大袈裟ですが、実際のところはあるあるです

ぶっちゃけあるんですよ、こういう製造の仕方が!

つまり、どんな種類の幹細胞培養液がどれぐらいの量で

配合されているかなんてフルオープンにしているような

化粧品や化粧品メーカーは数少ないんです

 

結果の出る幹細胞化粧品

「結局どんなものが入ってるかなんて分からないじゃない…」

「じゃあどの幹細胞化粧品を買えば良いの?」

というお声が聞こえてきそうですね

それは
私たちエイジングケア専門のフェイシャルエステサロンで
取り扱っている高機能性化粧品をお選びくださいと

胸を張って大声で言わせていただきます!

なぜかというと
数ある幹細胞化粧品の中でも

私たちが選んだ化粧品が一番効果を実感できましたし

お選びいただいたすべてのお客様が満足評価をしてくださっています

そのメーカーは全ての化粧品の配合成分を
フルオープンにしています

配合成分は全て国内産、国内製造で
開発技術の特許を数多く取得しています

販売する私たちエステサロン向けの講習会も
頻繁に開催しています

それほどに自社の幹細胞化粧品に自信があるから

ありとあらゆる知識を
私たちエステサロンと共有してくれるんですね

そしてなにより、メーカーである社長の人間性と

それぞれの商品のバックボーンに惹かれた部分もあります

ただひたすらに研究をして、最先端技術を使った
商品開発に余念がない超オタク気質な社長が

「化粧品だけで女性がいつまでも若々しくいられるように」

そのことだけに情熱を燃やして尽力しているという素晴らしさ!

・幹細胞化粧品だからお肌に良い!

・パッケージとボトルの可愛さ

・有名女優出演のコマーシャル

・高いから良いはず!という思い込み

などという理由だけで、幹細胞化粧品を選ばないでくださいね

幹細胞化粧品だから必ず結果が出るとは限りません

大切なことは

どんな成分でどんな処方で
どのように作られているかが
はっきりと分かるかどうかですし 

使い方などをきちんと説明してくれる人のもとで
購入できるかどうかということです^^

予約手続きはこちら
ページ上部へ