注)気がついて!マスク環境下で老化が加速しています!

今もなお首都圏では緊急事態宣言が続いていますね
このコロナ禍も早いものでもう1年となります

私たちの日常では、マスク生活が当たり前となっています
どこに行くにも、なにをするにもマスク…マスク…です

そんなマスクの弊害について
書いていきます

 

マスクは悪い事の方が多いという事実

マスクによる肌荒れや口臭など
その他のマイナートラブルは
多く知られているかと思います

お悩みは尽きませんね…泣

ですが、近頃また違ったとある”弊害”が

起きていることを知っていますか?

さぁて~…なんでしょうか?

 

答えをお伝えする前にここで更に質問をしますね!

「最近、”ちゃんと”笑っていますか?」

さぁ、どうですか?

この”ちゃんと”がキーワードですよ

なにをお伝えしたいかというと…

この長く続いているコロナ禍とマスク生活において

圧倒的に私たちは”笑う”ということが
激減しているということです

もうそれはこの状況を考えるとそうですよね…泣

①不要不急の外出要請で知人友人家族にも会いづらい

②三密回避でコミュニケーションが取りづらい

③大声での談笑ができない

④マスクで顔半分が隠れるから必要以上の感情表現をしない

私たち人間は
本気の爆笑でも愛想笑いでもなんでもいいから

とにかく1日の中で口角をクイッと上げて
ニコッとする時間がなければ
どんどん老化が進んでいくものなんです!

しかも
笑わないと表情筋をまったく使いませんから

口角がダダ下がりになって
ほうれい線やたるみが
余計に目立つようになりますね

…まさに老化のダブルパーンチ!

 

事態は深刻!もはや脳を騙さなければいけない状況

このいやぁ~な老化現象は
脳科学的にも心理学的にも
さらには美容学的にも
しっかりと研究、証明されている事実です

つまり
愛想笑いでも口角がニコッと上がっていれば

脳が

「あっ今楽しいんだな、幸せなんだな♪」
と勘違いをしてくれます

その勘違いこそが
老化を防ぐために必要なことなんです

脳が勘違いを起こすことで、オキシトシンという

別名”幸せホルモン”の分泌が高まります

このオキシトシンは
若返りのホルモンですから

私たち女性にとっては、もういくらでも出て欲しい!

さぁもっともっと!と言わんばかりに
必要なホルモンなんですね

ここまでで
お伝えしたいことがわかっていただけたら
とても嬉しいです

 

笑う理由なんて結局のところなんでも良いんですよ!

愛想笑いでも、思い出し笑いでも、
クスッと笑いでもなーんでもOK

とにかく、口角をクイッと上げて
ニコッとしてみましょうよ

それで上手く脳を騙して
老化を防止していきましょう♪

マスクをしていても、笑顔の意識は忘れずに!

予約手続きはこちら
ページ上部へ